いつもお世話になり、ありがとうございます。
自然災害により不自由な生活を余儀なくされておられる被災地の皆様、
新型コロナウイルス感染症に罹患されている皆様に対して心よりお見舞い申し上げます。
また、新型コロナウイルスの感染終息にご尽力されている皆様に心より御礼申し上げます。

4月25日に3回目の緊急事態宣言が4都府県に発令されました。
これはいよいよ長い戦いになりそう、と、いっそうの覚悟を決めております。
皆様におかれましては、お元気でいらっしゃいますか。

3月に開始された経済産業省の「事業再構築補助金」は、2次公募を5月10日頃開始予定と発表されています。
7月中旬まで申請を受け付ける予定とあり、1次公募よりかなり余裕があります。
詳細は以下URLより公式ホームページをご確認ください。
https://jigyou-saikouchiku.jp/
弊社は、この補助金が必要な企業様のため、ご支援に必要な「経営革新等支援機関」の認定を受けました。
本事業は今年度に全5回の公募がある模様です。ご関心をお持ちの事業者様はご相談ください。
弊社の補助金申請支援の採択率はリベンジを含めほぼ100%の実績です。

さて、昨年9月に第1期を開始し、約40名の方にご受講いただきました
自社開催オンラインセミナー第4期のご案内を再度いたします。
受講者の皆様から「会社の目指すべき方向性が見えてきた」「自分の中で大きな変化が起きた」
「マーケティングの基礎について学ぶことができた」とご好評をいただいております。
週1回、約1か月間のプログラムで、ブランディングの知識を
わかりやすい講義とワークショップで楽しみながら習得でき ます。
学べるポイントは、以下の通りです。
————————————————
「withコロナを勝ち抜くブランディング戦略
中小企業を救うブランディング ノウハウ大公開!」
————————————————
1. 経営/ブランド/マーケティング、各戦略が整理・理解できる。
2. 分析手法を使い、企業が進むべき方向性が把握できるようになる。
3. 企業が進むべき方向性をわかりやすい言葉(スローガン)に表すことができる。
4. 企業が進むべき方向性を社内に浸透させる施策が具体的に学べる。
5. 企業が進むべき方向性を社外に発信する施策が具体的に学べる。

金曜日の18:00~20:00と、土曜日の9:30~11:30のコースの
2コースを用意しております。ご都合により受講日の振替参加も可能です。
zoomで実施しますので、お気軽に受講可能です。
※詳細はこちらを参照してください。
http://www.sakura-zensen.jp/wp-content/uploads/2021/03/93ff758b8117bcef3886b8b0ef46ed6a.pdf
コロナ時代を勝ち抜く戦略を考える時間として、是非ご参加ください。
《受講料》40,000円 (1社2人目から28,000円、全て消費税込み)
➡ブログ読者限定20,000円!(1社2人目から15,000円、全て消費税込み)
《日 程》
金曜日コースのみ  5/7、5/14、5/28、6/11、6/18 (18:00~20:00)

香川県でグローブとバッグ事業を展開され、がっちりマンデーなど
メディアにも多数取り上げられていらっしゃる株式会社スワニー様も
ご受講いただきました。以下は、板野社長からいただいたご感想です。
***************************************************************
自社ブランドは社員の心を一つにする”道しるべ”だ!!
弊社はOEM生産が主体の手袋とキャリーバッグのメーカーである。
今回自社製品のリブランディングを施し、さらなる成長を目指すこと
になった。御縁を頂き櫻田先生のブランディングセミナーを担当社員
が受講。櫻田先生から親切で分かりやすい指導と丁寧なフィードバック
を頂いた。社内会議を重ね苦労してブランドの核を確立、新たなHPも
立ち上げる事が出来た!! これからもこの自社ブランドと共に世界中に
“あたたかさ”を届けていきたい。
株式会社スワニー 代表取締役社長 板野 司
***************************************************************
株式会社スワニー様のホームページ https://www.swany.co.jp/

株式会社サクラ前線は、プロの経営コンサルティング会社として、
新型コロナウイルスの影響を受け苦境に陥っている中小・中堅企業様に1社でも多くお力添えして参ります。
企業のブランディングによる事業再構築と、これに伴う事業計画策定支援に更に力を入れて参ります。
革新に向けた資金調達が必要な企業様のため、補助金のご支援にも力を入れてまいります。
弊社とご縁のある企業様におかれましては、何なりとご相談ください。
今後も中小企業のご支援にまい進して参ります。

最後までお読みくださいまして、ありがとうございました。